本文へスキップ

Actress Yoshiko Mita

三田佳子の日々のご報告report

 11/8/17 「ふくしま 新発売。」プロジェクト発表会に参加


以前もアップした、私にとって縁深い福島県。
原発の避難地域以外ではガレキの整理などもある程度すすみ、皆さん復興に向けてがんばっていらっしゃいます。一方で、未だ7万人以上の方が、故郷を遠く離れた地での生活を余儀なくされている現実が・・・。
そして終わりの見えない風評被害が・・・。
この先も遠く、険しい道のりを、日本中で応援し、支えていかなければと思います。
「売っているものは安心」「買って、食べて、支えて」という生産者の皆さんの叫びに答えて、この度「ふくしま 新発売。」プロジェクトがスタートしました。
福島県の産品と首都圏の消費者を結ぶ数々のイベントや、福島県の観光地への誘致などを通して、風評被害を解消しようという県の広報プロジェクトです。
被災地で日々がんばっていらっしゃる皆さんへのエールとなります様、私も県外で、自分のできる形で力を尽くしたいと、プロジェクトのサポーターに就任致しました。

 11/8/8 朗読劇「この子たちの夏」を観劇


三軒茶屋の世田谷パブリックシアターにて、朗読劇「この子たちの夏」を観劇しました。

演出家・木村光一氏の主宰する地人会が、広島・長崎で被爆した母親の手紙 を六人の女優の朗読で構成する舞台。
1985年の初演以来23年間に渡って上演され続けてきた名作です。
その地人会も2007年に解散。「この子たちの夏」も、暫く上演の機会がありませんでした。
それがこの度「地人会新社」として復活! 木村先生の構成・演出で再演すると聞き、ようやく千穐楽の間際に飛んでいきました。
キャスト陣も若い方たちに一新。思いを後世に語り繋いでいこうとする先生の強い意欲を感じました。
震災と原発事故・・・かつて予想もしなかった状況に見舞われた今日だからこそ、作品のメッセージが尚一層強く、心に響きます。
命が繋がる事の大切さと、その命が一瞬にして断たれてしまう痛ましさに、親として、泣かずにいられない舞台でした。

木村先生とも久々にお話ができたし・・・来て良かった!


2011年8月 トピック


【テレビ】
▼「ヘブンズフラワー」再放送開始!!
8月29日(月)26:05〜

東日本大震災により、第8話で放送が中断されていましたTBS「ヘブンズフラワー」が、あらためて第1話より全話再放送される事が決定しました。
深夜の不定期放送ですので、オンエアスケジュールはhttp://www.tbs.co.jp/h-flower/news/
をご参照ください。
特に、未放送の第9話以降は、三田さん演ずる謎の女ボス・片桐の驚愕の真実が明かされるクライマックス。これは二度と観れない姿かも・・・お見逃しなく!

三田佳子